日本唯一、かやの木の専門店 山の宝石「榧」を高知からあなたへ。

  • お買い物ガイド
  • マイページ
  • お問い合わせ
電話番号
 

幻の木「榧」

榧の木

幻の木 榧 榧は成長が極めて遅く生育が困難なため絶滅に近い状態にある希少な木です

榧とは?

榧はイチイ科カヤ属の常緑針葉樹で、高さ25m、直径2m程度にまで育ち、寿命は1000年にも及びます。中国に4種、アメリカに2種、日本に1種と、世界には7種の榧があり、日本では、岩手県、山形県以南の本州、四国、九州の山野に分布しています。

碁盤・将棋盤の最高級品として最もよく知られており、高価なものでは数百万~一千万円以上するものもあります。榧の木の成長は極めて遅く、30cm伸びるのに3~4年、碁盤づくりに適した直径1.1mほどの大きさになるには300年以上の歳月を必要とします。

榧の歴史

榧の実

日本の榧は縄文時代には存在していたといわれ、榧の実が食べられていたそうです。日本各地に広がったのは平安時代、実を凶作に備える保存食料に、また実から搾った油を生計の糧とするようにと、弘法大師によって広められたと言い伝えられています。

榧の実は、アクを抜いたものを炒って食べたり、飴や砂糖掛けのお菓子などが作られていたほか、お腹の虫くだしや漢方としても。また、実から搾った油は食用、燈火用、理髪用などに用いられていました。榧油は今では大変珍しいものですが、明治時代の「大日本有用樹木効用編」や大正時代の「大植物図鑑」には「本邦植物質ノ油中最上ノ者ナリ」と記されており、かつては「日本最高級の植物油」として高く評価し、愛されていたようです。

榧材で最もよく知られている用途は碁盤・将棋盤で、最高級品とされています。その他には加工のしやすさや美しさから仏像などの彫刻に用いられてきました。また、水に強く腐りにくいことから建築材や風呂桶、船舶などにも使われていましたが、榧材の生産量が極めて少ないため、そのような用途で使われることはなくなりました。

榧の魅力

榧の木肌

きめが細かく美しい木肌

榧は非常にゆっくりと育つ木のため、木目の間隔が狭く身がよく締まっており、木肌は大変きめが細かくなめらかな質感です。色ツヤがよく、木目がきれいに映え、品のある自然の美しさや心地よさが感じられます。

時間とともに味わいを増す色ツヤ

油分が豊富で色ツヤを失うことがなく、使い込むにつれ飴色へと変化していきます。ただ古びていくのではなく、時間とともに味わいや深みが増していく良さがあります。

極めて優れた耐久性

「槇万年、榧限りなし」とのいわれがあるように、極めて優れた耐久性があります。水に強く腐りにくいことから、むかしは家の土台や風呂桶、船の材料などに使用されていました。

心癒されるような芳香

榧材は「シナモンのような香りがして癒されます」とのご感想をいただくように、特有の上品な香りがほのかに漂います。また、榧の実からはゆずやレモンのような柑橘系の爽やかな香りがします。

榧の利用

本榧の碁盤・将棋盤

碁盤・将棋盤
本榧の碁盤・将棋盤といえば、囲碁や将棋をされる方にとっては憧れの存在。打ち味や美しさなど、どれをとっても榧に勝るものはないといわれ、古くから最高級品として愛好家に珍重されています。

本榧のまな板

まな板
榧はまな板としても最高級。適度な弾力性を持ち、刃当たりがとてもよくプロの料理人も認める抜群の使い心地です。また水切れがよく、天然の抗菌性にも優れます。

本榧のお箸

お箸
木肌の美しさもさることながら、使い心地がよく、その「軽さ」に驚かれます。榧の寿命は1,000年にも及ぶことから、長寿箸としてご贈答に喜ばれています。

榧の実ナッツ

ナッツ
榧の実の中にある種子を独自の製法で美味しくローストした、おやつ感覚で食べられるナッツ。カリッと香ばしく爽やかな風味で栄養豊富です。

榧の実食用油

食用油
軽い甘みと森林を感じるような味わいの食用油です。ビタミンEが豊富なうえ、中性脂肪やコレステロールを下げる働きが証明されているシアドン酸という珍しい成分を含んでいます。

榧の実の精油

精油・香水
日本人になじみの深いゆずとレモンをあわせたような爽やかな柑橘系の香り。リラックス効果のあるリモネンやピネンといった芳香成分を多く含み、森林浴効果があります。

幻の木「榧」

榧の苗木を植樹

かつては日本の山々に自生し、お寺や農家の庭先などの身近なところにもあった榧ですが、明治以降に伐採が進んだため激減しました。日本の榧は絶滅に近い状態にあり、市場に出ることは年間に数えるほどで、新しく原木を仕入れることでさえ非常に困難な幻の木となっています。立派な成木になるには300年もかかり、生育が困難で非常に大変な労力やコストがかかるため植林もほぼされておらず、このままではそう遠くない将来、榧の木はなくなってしまうかもしれません。

榧の森づくり

榧の森づくりは、元々は碁盤をつくるための榧を育てたかったのがはじまりでした。弊社会長の前川穎司は、大の囲碁好き。大好きすぎて自分で碁盤までつくってしまうほどでした。そんななか、「切ってしまったら次は300年先か…」と思うようになり、本業が種屋ということもあり、榧の苗を育て、山に植えるようになりました。それから30年、ますます榧に惚れこんでいき、「このすばらしい榧を未来に残したい」という思いで、今では植樹も30万本以上になりました。

榧の森づくり

榧の森を夢見て。

榧(かや)に惚れ込み40年。

榧の森づくりのきっかけ

榧(かや)への取り組みは、囲碁好きが高じて、40数年前より碁盤を集めだしたのがきっかけです。
独特の香り、光沢があり、きめ細かく美しい木目。碁盤や将棋盤の最高級品である榧に惚れ込み、国内外から榧の原木を買い集めては、早朝から深夜まで碁盤作りに没頭することもありました。

榧を碁盤にするには乾燥に10年は必要で、割れたり反ったりしないように何度も何度も繰り返し作業することで榧への愛着がますます深まるなか、榧の木が日本では絶滅に近い状態であることを知り、榧の森をつくろうと決意しました。

榧の木

囲碁好きが講じて

榧の植林

種から研究を重ね、切り拓き、榧の苗木を植樹

種から苗木を育てる研究を重ね、榧の育ちやすい涼しい場所を探し、人の手がかけられなくなった荒れた土地を一から整備し、四国の山々に約30万本以上の榧を植えてきました。(※2016年時点)

しかし、山に残っているのは3割ほど。
除草しないと草に負けてしまう、夏の暑さにも弱く、若木はシカやイノシシやウサギが食べてしまう・・・。
そして、一人前の立派な榧の木になるには300年と生長が遅く、大変な労力と時間がかかります。

だからこそ、榧がかわいくて仕方がありません。
一生懸命育てた榧の木が、300年先に榧の森になると思うと幸せなのです。


榧の実 榧の葉 前川夫妻

榧の実を活かそうと試みています。

榧の実

榧の実から採れる油は良質な食用油、頭髪油、灯火用油として広く用いられてきました。
江戸時代、徳川家康が賞味と賞賛した榧の天ぷら油は、現在でも高級料理店などで利用しているところもあります。
また、榧の油から香る柑橘類のようなさわやかな芳香も特有で魅力的です。

今はまだ採れる榧の実の量も少なく、手作業のため大変な労力を必要としていますが、榧の木の成長とともに量も増え、将来的にお客様に喜んでいただけるような活用ができるようになればと考えています。

榧の実拾い

ネットを敷いて実が拾いやすくなりました。

榧の森を育て、守り続けていきます。

榧の森づくり

2016年には植樹も30万本になりました。しかし、榧を守るということは、ただ森づくりをしていくだけでは成り立ちません。製品を通して榧のすばらしさや価値を皆さまに知っていただくことも大切です。私たちは榧の森づくりを続けるとともに、榧の魅力をいかした暮らしに寄り添う製品を生み出し、多くの方に榧の魅力を感じていただけるよう日々努力を重ねていきます。

榧の森づくりギャラリー

  • 榧の森づくり
  • 本榧まな板お試しサイズ
  • 榧石けん
  • 榧の実食用油

お買い物全商品1%ポイント還元

  • マイページ
  • 会員登録

商品カテゴリ

  • 榧の木のまな板/本榧まな板
  • キッチングッズ
  • 榧の実製品
  • 文具・雑貨
  • 念珠・線香
  • 榧の苗木

いらっしゃいませ 店長あいさつ

当店は榧(かや)に惚れ込み、日本最大級の本榧材所有数を誇る、本榧専門店です。本榧を活かした様々な商品をご紹介し、お客様に楽しんでいただけるように日々努力して参ります。

お店について

メディア掲載

  • 電話番号
  • FAX注文
  • メールでのお問い合わせ
  • ブログ
  • facebook

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

毎週日曜日は定休日です

ページトップへ